16歳男性「夜の営み」問題プロアスリートが真面目過ぎる解説で腹筋がやばいwww | トレンドピックス

16歳男性「夜の営み」問題プロアスリートが真面目過ぎる解説で腹筋がやばいwww

16歳男性「夜の営み」問題プロアスリートが真面目過ぎる解説で腹筋がやばいwwwオモシロ
スポンサーリンク

サイクルロードレースの解説でもおなじみの栗村 修(くりむら おさむ)さんが全力で回答する「栗村 修の”輪”生相談」。

そんな相談コーナーに寄せられた”ある相談”への回答が神解説で腹筋がやばいw

 

16歳男子高校生の勇気を振り絞って聞いた「純粋過ぎる質問」

16歳男子高校生の勇気を振り絞って聞いた「純粋過ぎる質問」

スポーツをする上で、男として死活問題である「夜の営み」についての純粋過ぎる質問。

16歳男性高校生の真っすぐストレートな恥ずかしいでも気になる質問をプロの自転車競技者・解説者である栗村 修さんに直接ぶつけてみた。

 

自転車用語を巧みに扱い真面目過ぎる神解説に腹筋がやばい

1例としてオールアアウト「寸前」をあげる

『まず第一に申し上げたいのは、この質問の内容は別に新しくはなく、僕の現役時代から諸説が飛び交っていたということです。もちろん男性選手限定でしょうけれど、みんな気にしていたんですね。

僕も色々な話を聞きました。ある選手は、レース前日に射精、というと生々しいので仮にオールアウトと呼びますが、オールアウト「寸前」まで持っていき、そこで止めるという行為をしていたそうです。寸止めですね。本人曰く、そうすると翌日のレースで普段以上に踏めるというのですが、まあ真似する必要はないでしょう。

このテーマについては大っぴらに語れない以上、経験則に基づく不確かな話しかないわけです。ですから質問者さんには申し訳ないんですが、僕のお答えにも医学・スポーツ科学的なエビデンスはありません。ごめんなさいね。』

オールアウト:疲れきってへとへとになること。 運動して、疲労困ぱいすること。

エビデンス:証拠・根拠、証言、形跡。

オモシロ
スポンサーリンク
reiをフォローする
トレンドピックス