【朗報】首里城は復活する!?過去にも2回全焼したにも関わらず完全復活したあの京都の有名なお寺が…… | トレンドピックス

【朗報】首里城は復活する!?過去にも2回全焼したにも関わらず完全復活したあの京都の有名なお寺が……

【朗報】首里城は復活する!?過去にも2回全焼したにも関わらず完全復活したあの京都の有名なお寺が……トレンド
スポンサーリンク

日本を代表する京都のお寺といえば?そうです!金閣寺と銀閣寺はあまりにも有名ですね!

首里城の火災による全焼が報道されていますが、過去に京都を代表とする2つのお寺は火災を乗り越えていること知っていましたか?

 

金閣寺の歴史

応仁の乱で燃えた金閣寺

金閣寺の年表

1397年:足利義満の改築と新築により金閣が生まれる
1420年:足利義満の遺言によって禅寺になり「鹿苑寺」と名付けられる
1467年:応仁の乱により建造物の多くが焼失
1649年:舎利殿などの主要な建物の大修理
1894年:金閣および庭園を一般に公開し、拝観料をとるようになる
1929年:旧国宝に指定
1950年:放火により金閣が全焼、旧国宝の指定解除
1955年:復元
1994年:世界遺産に登録

こうしてみると、金閣は二度も火災の憂き目にあっているのですね。
しかし、その度に大きく修理されて復活を遂げるのは、金閣寺が多くの人に愛されていたからではないでしょうか!

そういった波乱万丈の歴史を乗り越え、1994年に「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されました。

 

金閣寺放火の原因と犯人は!?

火災前の金閣寺

こちらが火災前の金閣寺の貴重な写真です。約100年前の姿と言われています!

 

1950年7月2日に未明に事件発生。国宝の金閣寺が全焼しました。

創建者である室町幕府3代将軍足利義満の木像、観音菩薩像、阿弥陀如来像、仏教経巻など文化財6点も共に消失しました。

原因は金閣寺の見習い僧侶であり大谷大学学生の林承賢であることが判明。

犯行の動機は「世間を騒がせたかった」「社会への復讐」と語っていたようです。

林は、懲役7年を言い渡されたのち服役したが、服役中に結核と統合失調症が進行し、闘病のため入院し、26歳で病死しました。

トレンド
スポンサーリンク
reiをフォローする
トレンドピックス